お灸とは?

2000年をこえて東洋医学を支えてきた
お灸の魅力をときあかします。

東洋医学では人が健康であるために
欠かせないものとして「気・血・水」を
あげています。

「気血水」

「気」とは元気、活気、陽気など、
ヒトが生きていくのに欠かせない、
いのちのエネルギーのこと。
「血」とは血液、全身に栄養と酸素を届けます。
「水」とはリンパ液をはじめ、カラダの中にある水分のこと、臓器や肌をうるおす役割です。
東洋医学ではこの「気・血・水」がバランスよくスムーズにカラダをめぐることが
健康としています。
お肌は体調を映す鏡。体調をととのえることは
美肌への早道なのです。

Back Number

過去の記事を読む

もっと見る