お灸とは?

2000年をこえて東洋医学を支えてきた
お灸の魅力をときあかします。

肌には外からのシゲキから
肌を守るバリア機能があります。
そのバリア機能の主成分、それがセラミド。

セラミド

肌の表面角層には何層もの角層細胞が重なっています。セラミドはその角層細胞と角層細胞の間に水分と油分を含んだスポンジのように存在し、角層細胞どうしをしっかりつなぎとめて、肌のバリア機能を保っています。セラミドの働きは肌のうるおいを保つ保湿機能や肌からの水分の蒸発を防ぎ、外からの細菌やシゲキの侵入を防止するほか、メラニンの合成を押える美肌効果もあります。しかし体内で生成されるセラミドは加齢とともに減少をはじめます。お肌は健康のバロメーターという言葉もある通り、食生活はカラダの基本、バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動などを心がけることはセラミドの減少を抑えることにつながるのです。消化機能を高めるお灸のツボは足三里がおすすめです。

Back Number

過去の記事を読む

もっと見る