お灸とは?

2000年をこえて東洋医学を支えてきた
お灸の魅力をときあかします。

冬のむくみは運動不足、冷えなどと並んで
水分不足が原因というのが特徴です。

冬のむくみ

むくみとはカラダの中の余分な水分が皮膚の薄い部分にたまった状態のこと。

冬はどうしても水分をとる量が少なくなるため、カラダが水分不足をキャッチして、汗などになる水をセーブして、カラダにため込むためにおこります。
そのため、朝起きたときは皮膚のうすい顔がむくみ、夕方には下半身がむくむことになるのです。

冬のむくみには日頃からこまめに水分をとることと胃腸の働きをととのえカラダ全体の水はけをよくする大都・太白へのお灸がおすすめです。

Back Number

過去の記事を読む

もっと見る