お灸とは?

2000年をこえて東洋医学を支えてきた
お灸の魅力をときあかします。

明日は立冬。いよいよ冬到来です。
お肌も冬に向けての対策が大切です。

11月のお肌対策

11月に入って日一日 気温や湿度が下がりはじめてくると「血」のめぐりも低下して、栄養がお肌にまで十分届かなくなるためお肌はカサつき、乾燥が目立ちはじめます。
冬のお肌対策というと、お肌をいかに乾燥からガードするかがテーマ。
どうしても北風や冷えなど外的要因に目がゆきがちですが、見逃せないのが室内環境。
冬の理想的な室内湿度は40%〜60%といわれますが、エアコンに守られ閉めきった室内の湿度はなんと30%以下ということも多いのです。
この冬のお肌対策には、ぜひ湿度計をお部屋に置いて室内湿度に目を向けることも大切です。
めぐりをよくする冬の養生のツボ「合谷」へのお灸もおすすめです。

Back Number

過去の記事を読む

もっと見る