お灸とは?

2000年をこえて東洋医学を支えてきた
お灸の魅力をときあかします。

甘酒がメラニンを押さえる

甘酒

飲む点滴と呼ばれ、古くから夏バテ防止に飲まれ夏の季語にもなっている「甘酒」
ビタミン、アミノ酸、ブドウ糖、葉酸、オリゴ酸などを含む栄養価の高いこの甘酒の美肌効果が注目されています。
もち米と米麹からつくられる甘酒に含まれる麹酸は、夏のお肌の天敵、紫外線防止の働きがあることが近年厚生労働省によって認められました。
紫外線をあびるとお肌にメラニン色素が生まれ、お肌に沈着すると黒く日焼けとなります。
麹菌には、シミ、そばかすの原因ともなるメラニンを生成する酵素を抑える働きがあるため、今夏の美肌には甘酒といわれるのです。
そして夏の美肌には、めぐりをよくしてターンオーバーをうながすお灸がおすすめ。
ツボは足の「三陰交」です。

Back Number

過去の記事を読む

もっと見る