お灸とは?

2000年をこえて東洋医学を支えてきた
お灸の魅力をときあかします。

春は発陳の季節ってどういう意味ですか

発陳(はっちん)

東洋医学では春は発陳(はっちん)といいます。
新陳代謝というコトバに陳の字が入っているように、陳とは古いもの意味。
自然の営みはまさに春から始まるのです。
私たちのカラダも冬の間にカラダの中にたまった古いものを外に出し、新しい成長が始まります。
東洋医学では、エネルギーを「気」と呼びますが、春は陽気にさそわれて「気」がカラダの内からあふれてきます。
ホルモンバランスも日ざしが長くなるとともに、幸せホルモンが増え、前向きな気持ちがわいてきます。
ぜひ何かにチャレンジしましょう。
花は咲き、鳥がうたい、自然をあげて新しいスタートを応援してくれてます。
やる気を応援するツボは手の「湧泉」がおすすめ

Back Number

過去の記事を読む

もっと見る