お灸とは?

2000年をこえて東洋医学を支えてきた
お灸の魅力をときあかします。

冬だから「顔冷え」は
あたり前と考えてはいませんか

顔冷え

寒さに手足が冷たくなるように、顔も当然冷えます。
しかし、顔冷えはそのままにしておくと、お肌にさまざまな影響をもたらします。
私たちのカラダは冷えがつづくと、血のめぐりが低下。
その結果、お肌への栄養も届きにくくなり、ターンオーバーが乱れ乾燥肌やむくみをひきおこすことに。
て顔が冷えているということは、カラダも冷えています。
コロナで今や必須のマスクも寒気からお肌を守ってはくれますが、カラダの内からの冷え対策も大切です。
じっくり湯船につかってカラダをあたためる、ウォーキングなど運動もしっかり、そして血のめぐりをよくするお灸のツボは、足の「三陰交」がおすすめです。

Back Number

過去の記事を読む

もっと見る