お灸とは?

2000年をこえて東洋医学を支えてきた
お灸の魅力をときあかします。

寒くなるとまっ先に口元がカサカサしてくるのは

口元がカサカサ

11月は一年のうちで最も気候の変化の激しいとき、気温にあわせるように湿度も一月に向かってどんどん低下していきます。
そしてこの気温 湿度の低下とともに「血」のめぐりもとどこおってくるため、お肌のうるおいを受け持ってきた皮脂の分泌も減少。
お肌の乾燥 カサカサが気になってきます。
なかでも目元、口元、ほほからアゴにかけてのUゾーンは、おでこから鼻筋にかけてのTゾーンに比べると、皮脂線が少ないため、皮脂の分泌が低下するとまっ先に肌あれが目立ってくるのです。
めぐりをよくするためには、日々の生活をととのえ体調維持につとめることが大切です。
そして、お灸で養生もおすすめ。ツボは足の「三陰交」です。

Back Number

過去の記事を読む

もっと見る