お灸とは?

2000年をこえて東洋医学を支えてきた
お灸の魅力をときあかします。

巻き肩ってスマホ姿勢が原因?

巻き肩

巻き肩とはスマホを使う時の前かがみの姿勢のこと。
巻き肩をつくり出しているのは肩甲骨と肋骨を結ぶ小胸筋と呼ばれるインナーマッスルで、肩を前の内側へ引きよせたり、呼吸の時、肋骨を引きあげる役割があります。
スマホ姿勢がつづくと肩甲骨を前方内側へ引きよせるこの小胸筋が固まってしまって、肩甲骨が本来の位置にもどらないのが巻き肩なのです。
巻き肩改善には鎖骨のすぐ下を外側へと指先でもいいのですがテニスボールをころがして鎖骨の外側のコリコリしたところまで小胸筋をほぐしてゆきます。
やってみるとおどろくほど肩が軽くなり、大きな息もできるようになります。
固まった筋肉をほぐすツボは、手の「後渓」です。

Back Number

過去の記事を読む

もっと見る