お灸とは?

2000年をこえて東洋医学を支えてきた
お灸の魅力をときあかします。

本格的な夏に向かうというのにマスク着用がつづくのは確実。
マスク肌あれが気になります。

マスク肌荒れ

長時間着用のマスクの中はとても高温多湿ですが、マスクをはずした瞬間一気に水分が蒸発するとともに、お肌の水分もうばってしまうため、お肌は水分不足で乾燥肌になりがちです。
さらにマスクの着脱のたびにおこるお肌とのマサツで角質がはがれやすくなり、お肌の保湿機能の乱れをひきおこすことに。
暑くなるこれから、マスクの下のお肌にとっては苛酷な夏を迎えます。マスクをはずしたら、やさしくていねいな洗顔とスキンケアを念入りに。そしてお灸でめぐりをよくしてお肌のターンオーバーをととのえましょう。ツボは足の「三陰交」です。

Back Number

過去の記事を読む

もっと見る