お灸とは?

2000年をこえて東洋医学を支えてきた
お灸の魅力をときあかします。

パソコンスマホが手ばなせない生活 慢性的な目のつかれを訴える人が増えています

目のつかれ

ドライアイ、目の充血、ぼやける、涙が出るなど今、目のつかれを訴える人が増えています。
東洋医学には「肝は目を養う」という言葉があります。
「肝」には血を貯え、カラダ各部分に必要とされる血液を届けるという大切な役割があります。
なかでも目は、その周囲にとても多くの毛細血管があり、目を使うことで大量の血液を必要とするため、一日中スマホ、パソコンの画面を見つづけると肝もフルパワーで働くことになり、いつしか機能低下をまねくことに。
目のつかれは実は肝の働きが低下ししているサインでもあるのです。
肝の働きを高めるツボは足の「大衝」です。

Back Number

過去の記事を読む

もっと見る