お灸とは?

2000年をこえて東洋医学を支えてきた
お灸の魅力をときあかします。

夏のかくれ乾燥肌

夏のかくれ乾燥肌

乾燥肌といえば冬のこととされてきましたが、今「インナードライ肌」とも呼ばれる「かくれ乾燥肌」が夏を迎えてクローズアップされてきています。
夏のお肌の表面はなんとなくうるおっているかのようですが、夏はお肌の内部の乾燥を防ぐために皮脂の分泌をたかめて水分の蒸発にブレーキをかけているから、うるおっているようにみえるのです。
汗によって体内から多量の水分が失われ強い紫外線によるダメージでお肌のバリア機能が低下、さらにエアコンによる乾燥で夏の肌は表面はうるおっているようでもお肌の内部はとても乾燥しているのです。
夏のインナードライ対策にはていねいな日焼け止めと、汗をしっかりぬぐい化粧水のあとの保湿ケアが大切です。
お灸もめぐりをよくして、内からの水分補給におすすめ のツボは足の「三陰交」です。

Back Number

過去の記事を読む

もっと見る