お灸とは?

2000年をこえて東洋医学を支えてきた
お灸の魅力をときあかします。

美肌のためには肌の自活力を高めることだそうですが、肌の自活力って

お肌の自活力

肌がしっとりしてうるおいがあるのは、肌本来の維持する機能のために肌が自らつくり出したもの。
肌は、カラダの外からの異物や病原菌の侵入を防ぐバリア機能と体内からの水分の蒸発をブロックするのが本来の役割です。
そのために、肌はターンオーバーを規則正しくし、角質細胞の間は天然の保湿クリーム セラミドで埋め、さらに皮脂膜によって一定の水分を保っているのです。
うるおいのある肌は肌が自らの役割のためにつくり出したもの、肌の自活力なのです。
だから洗顔もやさしくそっとするのも、うるおい美肌のためのセオリー。
そして、めぐりをよくしてターンオーバーをスムーズにする足の「三陰交」へのお灸はお肌の自活力を高めます。

Back Number

過去の記事を読む

もっと見る